なんでも日記

その時やったこと、その時感じたことなど書いていきます。

資格の勉強でもやるというスタンス。

勉強するのが好きでもなく、文章を書いたり読んだりするのが得意でもないですが、やることがないとき、せっかく文章を読むなら、資格の勉強で文章読んだ方が!とか、せっかく計算問題やるなら、資格の勉強で計算問題やるほうが!と思うのはなぜなんでしょうか。それは、合格すると、資格が贈呈されるからです。新聞読んでも、本を読んでも、知識は増えますが、しばらくすると忘れます。資格の勉強でも同じで、しばらくすると忘れます。同じように忘れていくならとりあえず、文章読んだり、書いたり、計算したりする習慣がないのであれば、資格の勉強でもやったほうが見返りもあるのだからやろうかという、そういう気概に満ちてきます。大げさではありますが。

 

話は、脱線しますが、文章読んだり、書いたり、計算したりする習慣がない人のために、テレビというツールがあって受動的に一応情報を得れるのだろうとは思いますが、それだけではやはり、体でいうところのカロリー不足、栄養不足と同じように、脳に対しての情報不足、訓練不足みたいなもんなんでしょうか。

 

資格の話に戻しますが、昔も思ったことがありますが、今は特にそうですが、資格は、満点を取る必要性がありませんから、文章が長くて読解して覚えるのに相当な時間がかかるものをしばらく読んだ挙句、「難易度大」マークでもして、パスすることが出来ます。これは、資格に限ったことで、小説や新聞読んでて、そこのポイントが盲点で、そこが理解できなければ面白くないし、読んでいる意味がない場合などがあるときは、最悪です。ということで、資格の勉強は、自分のスタンスでコツコツできる場合があります。難易度の高い資格だと無理というか、相当な時間がかかる場合があると思いますが。

 

ということで、暇な時は、スポーツするなり、テレビ見るなり、本を読むなり、資格勉強をするなり、という感覚を持って何かに没頭するのがいいかもしれません。

 

賢い人というのは、見たり聞いたりしただけで頭の中でその時の状況を思い出して他の人との会話で発揮できる能力があるみたいですが、自分みたいな凡人の中の凡人はすぐ忘れてしまうので、そういうコミュニケーションは出来ません。人が言ってた単語くらいは覚えている時があって、あの人、こんなこと言ってたよ。程度の事は言える時がありますが。ということで、賢い人は、どんどんどんどんと人との交流が増えていきその中で学び情報が増えていきます。

 

馬鹿が同じ事をまねてみたところでできませんから、努力のしようがありませんし、やってもなかなかできません。お酒飲めない人が練習しても酒豪には勝てないのと同じです。

 

だから、できる範囲内の努力をするのが良いとは思います。資格の勉強は、本を読む練習。文章を理解する練習。こういう風に考えるとやろうと思えるかもしれません。という、くだらない考察でした。そして自分にそう言い聞かせているのでした。

 

こういう事を書くのも、やはり生きている時間の使い方の問題もあります。若いときほど時間を無駄にしてしまいがちで、年を取ればとるほど時間が大切に思えてくるものだと思います。

 

余暇という時間は、いわゆる自由な時間なわけですが、ゲームをやるもよし、ぼーっとするのもよし、ペットと戯れるのもよしで、選択が多いわけですが、そこをいかにして小さな可能性へ向けてチャレンジするか!みたいな希望を持って何かに励むということもこういう文章を書いている理由として、一理あると思います。