読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんでも日記

その時やったこと、その時感じたことなど書いていきます。

宇宙戦艦ヤマト2202についての期待!!!

このシリーズは、ちょっと見ものです。

このシリーズから、最後のシリーズまでは、誰よりもうんちくを語りたいのです。

このシリーズは、どんより感が命です。

旧作は、テレビシリーズがヤマトⅠ.Ⅱ.Ⅲで、自分は、リアルでⅢからしか見てませんでしたが、1976年生まれということもありまして。しかし再放送とかで小学校低学年から知っています。親と一緒にスナックに行って、カラオケでヤマトを熱唱していたくらいらしいですから。(覚えていませんが。)4,5歳くらいからヤマトファンでありました!!

で、このヤマトⅡ、や、映画版の「さらば宇宙戦艦ヤマト」から、想像をかきたてられる圧倒的な宇宙のスケール感とストーリー。これがヤマト2の見どころです。

自分が考えるに、デスラーがメインのヤマトⅠは、いまいちでした。ヤマトⅢの新型デスラー艦の時は、最後は渋かったと思いますが。(それでも、副官タランの方が、渋かった。)全体評価としては、旧作のデスラーは、主役にはなれない存在だったと言わざるを得ません。

 
ヤマトⅢや、ヤマトよ永遠には、ヤマトⅡほどの宇宙のスケール感はないものの、どちらかというと宇宙を考えさせられる、メカの技術や戦術的なスケール感に圧倒されるという感じです。漠然というと。


ということで、今回は、旧作に匹敵する、それを上回る宇宙のスケール感、想像をかきたてられる圧倒的なストーリーを切望します。


また、どんより感は、絶望感を意味していて、それに対して1%の可能性を信じて奇跡を起こせるかというところも見どころです。

土方率いる地球防衛軍には、期待しています。旧作では、ヤマトがゴーランドミサイル艦隊、ゲルン空母部隊を倒していき、土星空域で、白色彗星との前哨戦となるバルゼー艦隊vs土方率いる地球防衛軍。ここが名場面となります。

火炎直撃砲に何隻もやられていけば、白色彗星へめがけて打つ、波動砲装備の戦艦の数が減ってしまうという絶望を感じながら視聴者は見ているわけですから。この場面は、最重要なのです。

ゴーランド艦隊の大型ミサイル、ゲルン空母部隊?の回転空母も見ものです。(回転するところをアップで見せてほしい。あの動きに鳥肌が立ちますので。)ビジュアル的に。なんせ、アンドロメダ銀河最強の部隊ですから、ガトランティスの科学技術力は、ガミラスや地球より遥か上です。ここの部分でも期待しています。

また、この場面での主役である、バルゼー艦隊の戦艦の衝撃砲の時間差効果音は絶対に忘れないで欲しいです。BGMも旧作のものが必須条件です。

 
それと、付け加えて、この場面では、ビジュアル的にも、完結編でルガール殿下を怯えさせた? 逃げられた?、拡大波動砲を持つ主力戦艦・巡洋艦とかもごちゃまぜにして大艦隊で挑んで欲しいというマニアックな期待感もあります。(別に、甲板とか、紙的ですぐ撃沈されてもいいですから。)

2202年、地球の全科学力で白色彗星に挑むというのがテーマですから、なおさらです。

あらゆるタイプの波動砲をチャンポンにしてもいいんです。

また、拡散波動砲では、白色彗星帝国の渦の中心核には当たらないから、今回は、渦の中心核にあたってその結果は?みたいな感じでも良いのではないでしょうか。。

そのあと、ヤマトが連続波動砲(トランジッション波動砲 )で渦は消し去るはずだと予想します・・・・。

キャラクター的なところは、このシリーズでは、それほどこうして欲しいという要望はありません。ヤマトよ永遠にと、ヤマトⅢの方がそのあたりは重要ですが。

キャラクターの性格とかは、藤堂は、土方の言いなりで、山南も真田の言いなりというところはキープして欲しいところではあります。沖田館長は、Ⅰでお亡くなりになっているみたいなのは、旧作と同じなので、この方は、今回のシリーズに出てこないで欲しいです。もちろんですが。イメージが違います。

バルゼーの声優選びは最重要ではないでしょうか。(ビジュアルも)

あとは、テレサが何とかしてくれるでしょうというクライマックスでいいです。

以上です。