読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんでも日記

その時やったこと、その時感じたことなど書いていきます。

宇宙戦艦ヤマト2202 放映開始前の10分間映像を見て。

ヤマトⅢでおなじみ、ボラー連邦。私は、このバルコム艦に愛着があります。これから戦闘が始まるというのに、そんな表情で立ち向かっていくのだろうかと。その訳を説明していきたいと思います。タイトル通りになりますが、ヤマト2202放映開始前の10分間の映像を見てすぐに思いました。

 

f:id:tecnic222:20170222005600p:plain

 

10分くらいの映像でしたが、まず思ったことは、ガミラス軍の艦隊がびちっとしすぎていて、びちっとしすぎていて、びちっとしすぎるというのは、旧作ヤマト3のボラー連邦艦隊は、笑えるところがあって、大艦隊の単調さがかき消された。どういうことかというと。この時点でわからないのは、まだまだ若い方はみまくっていないのです。

 

バルコム提督の大艦隊の移動シーン

BGMは、もちろんボラー連邦。

 

アップだったり、引いたりのシーンで、今一面白みはないですが、一隻だけ移動が速かったりアップがあって、見ていて次はどういう展開になっていくのだろうという風によく見ていましたが、小学校の頃。

すると、バルコム艦が笑っている。笑みを浮かべている。。

大艦隊の動画は40秒くらいから2分くらいまで続きますが、1分40秒あたりのバルコム艦のドアップ。見ていただけるとわかると思います。ちょっと前のシーンでも軽いアップシーンがフェイントとでもいいましょうかありますが。このシーンは、狙いです。

こういうところがヤマト2202にはなく、大艦隊の単なる大移動シーンのみで終わっていたのが残念極まりないでした。

映像は綺麗で、BGMもこれから合戦が始まるという静かな感じで悪くはないですが。

f:id:tecnic222:20170222012012j:plain

f:id:tecnic222:20170222012027j:plain

f:id:tecnic222:20170222012042j:plain

f:id:tecnic222:20170222012050j:plain

 旧作ヤマトは比較的、他の宇宙アニメと比較しても、大艦隊編成はないです。数十隻というレベルで、一隻、一隻のメカを見て堪能するところがありますから。そういう視点をもう少し拝んでもらって制作してもらっても嬉しいなと思いました。アングル・視点という点。そして、装備の使い方。このあたりが全く旧作と違います。

まだまだ、旧作と違うところがこの10分間の中では色々ありますので小出しで説明したいところではありますが、一応今日はこのあたりで終わります。